オックスフォード大学の博士課程 DPhilとは? -DPhilとPhD

( 画像:https://www.ox.ac.uk/dphil-centenary  )
   
オックスフォード大学では博士課程を全て修了するとPhDではなくDPhilという学位(博士号)が授与されます。DPhilというのは一般的にはあまり馴染みがないかもしれません。それではDPhilとPhDには何か違いがあるのでしょうか?

「PhD」はラテン語の「Philosophiae Doctor」に由来するものであり、一方、「DPhil」は英語の「Doctor of Philosophy」に由来し、それを省略したものだそうです。(※該当するアルファベットに下線をつけてみました。)オックスフォード大学では一般的にDPhilが使われていますが、時と場合によってはPhDが使われることもあるようです。

英国では約100年前(1919年)オックスフォード大学で初めてDoctor of Philosophyという学位(博士号)が導入されましたが、わかりやすくするために「DPhil」に落ち着いたそうです。

英国の他の大学は初めは「DPhil」を使っていましたが、「PhD」が一般的になるにつれ「PhD」に変更したそうですが、オックスフォード大学は伝統的な「DPhil」を守っているということです。

このように、DPhilとPhDはどちらもDoctor of Philosophyという同じ学位を指しており、DPhilを取得すると、PhDと同じく博士になります。ですから、特定の文脈でDPhilよりもPhDを使いたい場合には、オックスフォード大学のPhDを取得したと言うことができますし、全くその通りです。  

What does ‘DPhil’ mean?

‘DPhil’ and ‘PhD’ are both short for exactly the same thing, which is ‘Doctor of Philosophy’. You might see ‘PhD’ used at Oxford as well.

Will I be a ‘Dr.’ if I get a DPhil?

Yep, absolutely. You can say you have a PhD from Oxford if you’d rather use ‘PhD’ over ‘DPhil’ in a particular context — still completely true. 

(https://medium.com/my-oxford/what-is-a-dphil-d4303e9e21f6)

実際のところ、「PhD」は「DPhil」に比べてはるかに一般的でよく知られています。英国以外の国で学ぶ学生のほとんどはは「DPhil」という略語を目にしたことがないかもしれません。英国内でさえ現在、オックスフォードや、時折、サセックスやヨークなど、ごく限られた大学でしか使われていないようです。 

オックスフォード大学のウェブサイト上にDPhilについて以下のように説明があります。

  
詳細はリンク先からご覧ください。🍀

 

〈参考〉

What is a DPhil?(https://medium.com/my-oxford/what-is-a-dphil-d4303e9e21f6)
What is a DPhil?(https://uni-of-  oxford.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/185/~/what-is-a-dphil%3F)

DPhil vs PhD – What Are the Differences?
 (https://www.discoverphds.com/advice/doctorates/dphil-vs-phd)